社会福祉法人開く会

共働舎

共働舎

ブログ

カテゴリ
新作パン ただいま開発中その4
2013.11.14

現在中田小学校4年4組の生徒の皆さんと「10年後の成人式まで販売しているパン」を開発中です。

開発コンセプトやこれまでの経緯については以前の記事 その1その2その3、をご覧ください。

 

さて、今回は生徒さんからのプレゼンを受けて実際のパンを共働舎が作りました。

プレゼン内容にあわせて4種類の生地×2種類の形、8パターンのパンを作りました。

もちろんパンを作るのは共働舎の障がいのあるスタッフ。

粉の計量からミキシング、分割、成形まで行い、パンを焼き上げました。

_DSC0974

_DSC0982

二次発酵を終えたパン。いい具合に発酵が進みました。この後に窯に入れます

_DSC0078

窯に入れてこんがりきつね色になったら出来上がり。

香ばしいかおりがパン工房に広がっていました。

_DSC0089

出来上がったパンをお届け。校長先生にもご挨拶し「美味しそう!」といっていただきました。

_DSC0091

生徒さんに出来上がったパン生地の種類と形の説明をして、試食スタート

_DSC0095 _DSC0103

おいしいねー、ふわふわしてるねー、ちょっと硬いね、などなど、パン生地ごとに感想を記録していました。

この試食の後、生徒さんたちで大きさや形、生地の種類などをもう一度検討してもらい、

2パターンくらいに絞ってもらうことになりました。

その候補商品を11月23日に共働舎で行われる「秋まつり」で来場者に試食をしてもらい

感想を聞くモニタリング会をすることになりました。

もちろん4年4組の一部の生徒さんもボランティアスタッフとして参加してくれるそうです。

せひ、「10年後の成人式まで販売しているパン(仮)」を試食しにいらしてください。

 

※取材後記

共働舎ブログ担当者としてこの記事を書いている私は、中田小学校の出身者。

今回教室にお邪魔して、「大人になって母校、しかも自分がいた教室に社会人として戻ってきた」

ということに気がつき大変驚きました。

私は小学生時には4年4組だったのです、教室にたどり着くまですっかり忘れていました。

後輩たちの取り組みにいっしょにかかわることが出来て楽しいやら、なんやら恥ずかしい気持ちです。

 

 

記事一覧はこちら。

その1その2その3その4今回の記事、その5 その6 その7

 

記事の一覧はこちら