社会福祉法人開く会

グループホームウィズ

グループホームウィズ

ブログ

グループホームの生活を考えるシンポジウムに参加してきました。
2008.03.26

 3月15日にサン・ステージ緑園都市で行われたシンポジウム、「ハンディを持つ人たちのグループホームでの生活を考える~地域生活支援の視点から~」に参加してきました。

今回のシンポジウムは2部構成で、第1部はグループホームを運営している事業所やハンディを持つ人の家族からのお話、第2部は泉区内にあるグループホームに住んでいる方たちのお話でした。

私自身がグループホームで働き始めて1年の新人のため他のグループホームの話が聞けたのは興味深かったです。特に、第2部でのご本人のお話は、実際に利用している人たちがどのように感じているのかということは普段あまり聞いてみたことなかったのでおもしろかったです。グループホームに入って家ではやったことない掃除や料理をするのが楽しいと感じていること、さらにひとり暮らしや結婚を夢みて目標としていることを聞きました。「結婚したいってうちの子と同じこというのね」当日、聞きに来ていたウイズ入居者のお母さんの言葉も印象に残りました。そのひとなりの夢やあこがれを大切にし達成するサポートができるようになりたいな、と思いました。

ウイズ  向田 幸未(むかいだ ゆきみ)

 

バックナンバーはこちら