社会福祉法人開く会

グループホームウィズ

グループホームウィズ

ブログ

パート世話人研修会 理事長初登場
2008.06.02

  5月17日(土)、グループホームパート世話人研修を行いました。今回は、「法人設立の経緯とウイズに期待するもの」というテーマで開く会鈴木理事長の講演でした。

 理事長が福祉の仕事を始めたころのこと、障害をもつ子供との関わり、共働舎ができるまでのことを、その頃の理事長がどんなことを考え、進めてきたのか、開く会の根っこの部分となる話を聞きました。その根っこから、いまウイズという枝葉が伸びていることを感じました。理事長の話の中で、印象に残っているのは「その人の人生に興味を持つ」ということです。この人の夢はなんだろう、この人はどんなひとだろうと興味をもつことがかかわりのスタートだと改めて気づきました。

 参加した方もそれぞれに、「今までの自分と利用者とのかかわりを振り返ることができた」、「初めて開く会のことを詳しく聞けた」、「焦らないでその人を見ていけばいいのだとわかった」等、感想を聞かせてくれています。

 いま、ウイズの利用者の状況や環境が大きく変わってきているところです。そんな中で、いつも一緒に働く人たちと理事長の話を聞けたことが、一番よかったなと思っています。

 ウイズ サービス管理責任者 浜田美紗緒

 

 

バックナンバーはこちら